コストを重視した注文住宅

注文住宅は自由設計により計画するため建築コストが割高になってしまう傾向がありますが、自由にできるのは間取りや仕様だけではなくコストに関しても自由に設計することが可能です。コスト重視で設計する際には、コストカットができる部分とできない部分を把握する必要があります。


木造であれば軸組など主要構造部はコストカットが難しい部分ですが、構造体や基礎、小屋組といった木材を使用する部分が該当します。

仕上げ材や設備機器、建具に関しては自由に選んでも構造体とは無関係ですから、建物の強度を落とさずにプランを考えることが可能です。

コスト重視の注文住宅では、極端にこだわりすぎると満足感を落としてしまうため工夫が必要になってきます。

函南町の注文住宅情報を簡単に請求できます。

部屋単位で検討することも必要ですし、設備機器のグレードを落とすことも良い方法です。

全ての部屋に低価格の仕上げ材を使うと見た目の印象が悪いため、通常グレードにする部屋と低価格グレード仕様にする部屋を別けるなどの配慮が必要です。



設備機器はグレードによって価格が大きく変わるため、設備機器の選び方にも工夫が必要です。
注文住宅は簡単にいえば住む人の満足感を高めるために自由に設計しますので、コスト重視で選ぶのであれば建売住宅を選択した方が満足度が高い場合もあります。

住宅ローンを使って購入する人が大部分を占めますので、極端にコストカットをせずに満足度を高めることも必要です。



業者によって資材の納入原価が異なりますので、特に工夫をしなくても安くできる業者もあります。